似合う髪型?扱いやすい髪型?流行りの髪型?ライフスタイル、ファッション感に合った髪型を提案してます。【石川、富山美容室】

こんにちは。

今回は最近良くお客様からも聞くので

少しブログでいつも自分の思う事を

記事にして書こうと思います。

季節的な髪の話でよく聞くお客様からの

オーダーの事なのですが

暖かくなると暑くなってきたし

髪を短くしたいとの要望が多く

涼しくなると髪を下すし寒いので長くしてと

言う要望を多く耳にします。

自分自身は気持ちはわかりますが

トータル的な事も考え

暑い時期にもヘアスタイルは長め、

寒い時期には短めもオススメしてます。

もちろん切りたい気持ちや

伸ばしたい気持ち、

そのつもりでお客様も来店し

サロンに来店するまでにも

短かった時や長かった時期、

過去の髪型を色々思い出したり

悩んだりや周りの意見なども聞いた上で

決断されたので自分自身もその方が良いと思えば

その様にさせて頂くこともあります。

あくまでも自分自身の考え方的にはですが

暖かくなってきたり日差しが強い時期に

短く切りたいなどの要望のさいで

その様にする時には必ず髪だけではなく

肌の事も考え必ずUVスプレーを

してくださいねと伝えます。

【ちなみに僕もオススメするユナイテッドビューティーの

人気UVケアは香りながら肌、髪、頭皮全てを守る

オーガニックフレグランスUVスプレー(マグノリア)

image
山登り、ボード、アクティブな方には

年中オススメです。】

ま〜これはこれとして…。

さて本題に戻りますが、

暖かくなってきたとき暑い時期は

確かに短くすると涼しいですし

毎日かけるドライヤーの時間も短く

乾かすのも楽で良いです。

暑い時期のドライヤーはホンマに辛いものです。

しかし先ほど説明した様に

暑い時期は肌の露出も涼しい時よりはありますので

肌を守るも髪があるのと無いのとでは

髪が短い方が断然首まわりなど

日焼けしやすいリスクが高くなります。

普段過ごす場合でも少し長めの方が

肌に来る日差しを髪が守ってくれたり

暑すぎてスッキリしたいと思えば

顔周りのみを束ねたハーフアップや

一束でスッキリ束ねたりもできますし

最近はアレンジスタイルも

多く、場面場面で応用もききます。

そしてもう1つの

涼しく、寒くなってくるとなぜ

短めの提案もするのかと言うと

その季節のファッション感も踏まえて

洋服もニット素材などザラザラした

髪が当たっても滑りにくい素材が増え

ストールやマフラーなどを首に巻くと

ミディアムやロングのスタイルだと

自分ではなかなかうまくスタイルのキープや

コントロールがしにくくなるので、

自分は涼しくなってくると長めでいきましょう

ももちろんありますが

この事を説明しボブやショートの提案も

させていただくこともあります。

もちろん個人個人色々な職業や

ライフスタイルもありますので

必ずしもそうとは限りませんが、

一概に暑くなるとバッサリ切る、

寒くなると伸ばすと言う提案はしません。

あくまでトータル的なファッションや

お客さまの気分、仕事での事、ライフスタイル、

色々な事を踏まえた上で

しっかり提案させていただきます。

ビフォアーはかなりダメージが気になり

もう毛先も扱いにくいとの事

この間ご要望もありましたし、

しっかりカウンセリングをし

提案させていただいたボブスタイル。
image

この時になってくると短すぎると思う方もいらっしゃるかもですが

このくらいも、この時期お客様に

色々当てはまればオススメです。

ストールやネックの高めの洋服も

何のストレスなくヘアスタイルを保てます。

お客様に似合うはもちろんの事、

扱いやすいファッション感に合ったヘアスタイル

提案させていただきますので

何なりとご相談下さい。

ユナイテッドビューティーカナザワ

076-249-9900

詳しいサロン情報はこちら